女の子がパパ活をする理由は、人それぞれです。

そして近年は、パパ活のスタイルも多様化しています。

本記事では、パパ活女子のタイプ4つを紹介します。

=>パパ活を始める前に!知っておきたいパパ活初心者の4ステップ

パパ活女子のタイプ4つ

パパ活女子のタイプは、大きく分けて以下の4つに分類されます。

  • 学生
  • フリーター
  • 会社員
  • 専業

それぞれ詳しく解説していきます。

【タイプ①】学生

パパ活をする女の子の大部分を占めるのが学生です。

学校に通いつつ、授業後や休日にパパ活をします。

学生時代は、特にお金に困りやすい時期です。

特に親が授業費や生活費をサポートしてくれない人は、パパ活に頼らざるを得ないときもあります。

また同時に、学生はパパ活において非常に需要が大きいです。

特に年配の男性は、「学生」というブランドに惹かれ、積極的に支援をしたいと考えます。

需要と供給が合致し、パパ活市場を活性化させているのが学生です。

【タイプ②】フリーター

アルバイトをしつつ、パパ活をしている女の子も多いです。

アルバイトのシフトが空いた日は、パパ活で積極的に稼いでいます。

フリーターは会社員と違い、出勤日を自由に調整しやすいです。

よってパパ活の予定も、相手に合わせて組むことができます。

パパ活とアルバイトを上手く組み合わせて稼いでいるのがフリーターです。

【タイプ③】会社員

会社でOLをしつつ、パパ活をしている人もいます。

日中は仕事がありますが、仕事終わりや休日などの空いた時間を活用しているのが特徴です。

特に入社したばかりの若い女の子は、給料が低く、生活が苦しくなることもあります。

そこで生活の助けとなるのがパパ活です。

ただし会社員をしつつパパ活もする場合、万が一職場で噂が広がったら、働きづくなるのは避けられません。

会社とパパ活を両立する場合は、身バレ対策を徹底する必要があります。

【タイプ④】専業

パパ活の報酬のみを収入とし、生計を立てている人もいます。

パパ活は1回のデートで数万円を稼げることもあるので、積極的にこなせば、会社員の給料を超えることも可能です。

ただしパパ活を専業とする場合は、病気などの事情で体が動かせなくなったとき、収入が0になってしまいます。

ある程度のリスクがあることも承知で、始める必要があります。

まとめ

パパ活女子のタイプは、大きく分けて4つに分類されます。

学生だろうと会社員だろうと、パパ活はできます。

自分の職業や生き方に捉われず、パパ活にチャレンジしてみましょう。

=>スマホ初心者でも大丈夫!アプリを使って気軽にパパ活スタート