デートのみのパパ活をしていても、体の関係を求められることはあります。

体の関係を持ちたくないけど、断り方が分からない人も多いでしょう。

本記事では、パパ活相手から体の関係を求められたときの断り方を紹介します。

パパ活で体の関係を持ちたくない人は、ぜひご一読ください。

=>パパ活相手に「好き」と言われたら?パターン別に対応を解説

【前提】ほとんどのパパは肉体関係を期待している

前提として、女の子を目の前にしたら、男性は多少なりとも下心を抱きます。

あわよくば体の関係を持ちたいと思うのが、男の性です。

今は食事デートだけで満足してくれていても、ゆくゆくは体の関係を求められる可能性はあります。

もちろん「お金のためなら、エッチもできる」と割り切れるなら、相応の報酬額を受け取ったうえ、体の関係を持ってもいいでしょう。

しかし体の関係を持つのが嫌なら、きちんと断る必要があります。

パパ活相手から体の関係を求められたときの断り方

パパ活相手から体の関係を求められたら、以下の断り方がおすすめです。

  • ストレートに「嫌」と伝える
  • エッチにトラウマがあると伝える
  • 今はできないと伝える

それぞれの断り方について、詳しく解説していきます。

ストレートに「嫌」と伝える

最も確実なのは、「エッチはできない」とストレートに伝えることです。

嫌と言われたら、相手は引くしかありません。

ただしストレートに「嫌」と伝えると、相手はそれ以降関係を続けてくれない可能性もあります。

確実に断ることができても、相手との関係が切れる覚悟もしておきましょう。

エッチにトラウマがあると伝える

「昔男の人に乱暴された経験があって…。」

「エッチには怖い思い出があって、どうしてもできない…。」

過去のトラウマを理由に断る方法です。

トラウマがあることを伝えると、男性は強引に誘えなくなります。

ストレートに「嫌」と伝えられないときにおすすめです。

今はできないと伝える

「〇〇さんのことを好きになったら、してもいいかな!」

「もう少しお互いのことを知ってからにしよう!」

相手に希望を持たせる形で断る方法です。

「今はできない」を強調することで、その場で関係が切れるのを防げます。

ただし相手に希望を持たせると、後日改めて誘われることも頭に入れておきましょう。

まとめ

パパ活相手から体の関係を求められた際は、断り方も重要です。

断り方を間違えると相手が逆上したり、関係が切れたりする恐れもあります。

体の関係の断り方に困った際は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

=>パパ活で2回目のデートを断る方法|気まずくならない断り方とは