「経営者」と聞くと、ついついお金持ちをイメージしてしまいますよね。

パパ活において、経営者のパパを探している人も多いのではないでしょうか。

しかし経営者パパには、メリットとデメリットの両方があります。

本記事では、経営者とパパ活をするメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

経営者パパとつながる前に、ぜひご一読ください。

=>パパ活における「太パパ」の特徴|見るべきなのはココ!

パパ活における経営者パパのメリット

パパ活における経営者パパには、以下のようなメリットがあります。

  • お金持ちが多い
  • 時間が自由
  • 為になる話が聞ける

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

お金持ちが多い

経営者は、普通のサラリーマンよりも多くの給料をもらっていることが多いです。

中には年収が億を超える人も。

お金をたくさん持っている分、報酬額が弾むことも期待できますね。

時間が自由

経営者は普通のサラリーマンのように、働く時間帯が決まっていないことが多いです。

中には平日の昼間に自由な時間を作れる人もいます。

デートの時間を柔軟に調整しやすいのも、経営者パパのメリットです。

為になる話が聞ける

経営者は普通のサラリーマンよりも、ちょっと違った人生を歩んでいます。

人生経験が豊富な人と会話をするのは、勉強にもなります。

お金をもらうだけでなく、為になる話が聞けるのも嬉しいポイントですね。

パパ活における経営者パパのデメリット

パパ活における経営者パパは、メリットばかりではありません。

以下のようなデメリットも存在します。

  • 年収が低い経営者もいる
  • 急なドタキャンがある

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきます。

年収が低い経営者もいる

経営者にお金持ちが多いのは事実ですが、全ての経営者が高収入とは限りません。

会社の規模が小さかったり、経営が上手くいっていなかったりしたら、普通のサラリーマンよりも収入が低いこともあります。

「経営者=お金持ち」と軽率に判断しないようにしましょう。

急なドタキャンがある

経営者は自由に時間を作りやすい反面、急な打ち合わせやトラブルが発生することもあります。

会社の全ての責任を背負っているからには、プライベートよりも仕事を優先しなければいけないときもあるでしょう。

経営者とパパ活をする場合は、急なドタキャンがあることも頭に入れておきましょう。

まとめ

経営者パパにはメリットがある反面、デメリットもあります。

メリットだけをみて経営者のパパを探すのではなく、デメリットについてもきちんと把握しておくべきです。

=>お金持ちのパパを見抜く方法|太パパの特徴はコレ!