パパ活で稼ぐためには、色恋営業も1つの手段です。

恋人感を出すことで、「もっとこの娘を支援してあげたい」と思う男性はたくさんいます。

本記事では、パパ活における色恋営業のコツを紹介します。

パパ活での稼ぎを少しでも増やしたい人には、必見の内容です。

=>男の人が求めることって?タイプ別パパの攻略法!

色恋営業とは

色恋営業とは、あたかもお互いが恋人同士であるかのように振る舞う営業方法のことです。

恋人のような接し方をし、特別な存在だと思ってもらうことで、継続的な支援につなげます。

ただし相手が本気で自分のことを好きになると、後々関係を断つのが難しくなるケースもあるため、色恋営業をする相手は慎重に見極める必要があります。

パパ活における色恋営業のコツ

パパ活で色恋営業をする際は、以下の点を心掛けましょう。

  • 相手に興味を持つ
  • ボディタッチをする
  • 下の名前で呼ぶ
  • 他にはパパがいないことを伝える
  • 連絡はマメに取る

それぞれのコツについて、詳しく解説していきます。

【コツ①】相手に興味を持つ

恋人のような関係を築くための基本は、相手に興味を持つことです。

受け身になっているだけでは、お互いの距離感は縮まりません。

具体的には、相手に対して積極的に質問をしましょう。

たくさん質問をすると、相手は「興味を持たれている」と感じます。

色恋営業は、受け身の姿勢だけでは上手くいきません。

【コツ②】ボディタッチをする

どんな男性でも、異性からボディタッチをされるとドキッとします。

ボディタッチのドキッとした感覚は、やがて恋心につながります。

ボディタッチのコツは、さりげなく体に触れることです。

例えば歩きながら気になる物を見つけたとき、「ねえねえ」と声をかけながら腕を軽く引っ張ってみましょう。

他には相手が冗談を言った際に、「ねぇ〜!」と軽く肩を叩くのもおすすめです。

パパ活で色恋営業をしたいなら、ボディタッチを積極的に取り入れましょう。

【コツ③】下の名前で呼ぶ

相手のことを下の名前で呼ぶと、お互いの距離感は一気に縮まります。

逆に恥ずかしがって名前を呼ばなかったり、苗字で呼んでいたりすると、距離感は縮まりません。

いきなり下の名前で呼ぶのに抵抗がある場合は、「仲良くなりたいから、下の名前で呼んでもいい?」とワンクッション挟みましょう。

より親密な関係になったら、あだ名で呼んでもいいですね。

相手のことをどう呼ぶかも、色恋営業においては重要です。

=>パパ活相手に「好き」と言われたら?パターン別に対応を解説