パパ活においては、自分よりもだいぶ年上の男性とデートをすることがほとんどです。

しかし一方で、年上男性との接し方が分からない人も多いでしょう。

そこで本記事では、パパ活で年上男性から好かれるコツを紹介します。

パパ活初心者の人は、ぜひ参考にしてください。

=>男の人が求めることって?タイプ別パパの攻略法!

パパ活で年上男性から好かれるコツ

年上男性とデートをする際は、以下の点を意識しましょう。

  • 最低限のマナーを心掛ける
  • デート中にスマホを見ない
  • 相手の目を見て話す
  • 相手の趣味に興味を持つ

それぞれ詳しく解説していきます。

最低限のマナーを心掛ける

マナーを守れる女の子は、年上男性からも「しっかりした娘」という印象を持たれます。

ここで言うマナーは、決して細かい礼儀作法ではありません。

例えば挨拶やお礼、食事の際の「いただきます」など、最低限のマナーを心掛けるだけでOKです。

また言葉遣いも、初対面の場合は敬語を意識しましょう。

最低限のマナーを守れるだけでも、年上男性から好かれるようになります。

デート中にスマホを見ない

デート中にスマホを見られると、相手は「自分には興味がないのかな?」と思ってしまいます。

移動中やちょっとした会話の合間でも、スマホを見るべきではありません。

数時間のデートであれば、スマホを見なくても支障はないはずです。

デート中はスマホを封印し、相手との会話に集中しましょう。

相手の目を見て話す

相手の目を見て話すと、好感度はアップします。

人は自分の目を見られると、「興味を持たれている」と感じるからです。

もちろん初対面の人だと、目を見るのが恥ずかしいこともあるでしょう。

しかし恥ずかしがらず、相手の目を見て話すことで、年上男性から良い印象を持ってもらえます。

相手の趣味に興味を持つ

年上男性は、自分とは全く違った趣味を持っていることが多いです。

例えばゴルフや車などの趣味は、30代以降の男性から人気ですね。

しかし趣味が違うからと言って、全く興味を示さないのはNG。

自分に全く知識がない趣味でも、「どんなところが楽しいんですか?」「どれくらいの頻度でしてるんですか?」などと質問し、お互いの距離感を縮めることが大切です。

相手の趣味の話でも盛り上がることができれば、年上男性からの好感度もアップします。

まとめ

年上男性とのデートは、同年代の男の子とのデートとは少し違い、難しい部分がありますよね。

しかしコツさえ押さえておけば、年上男性からでも好かれることができます。

本記事で紹介したコツを踏まえたうえで、年上男性に対して良い印象を残しましょう。

=>パパ活では顔合わせの成功が大切!必ず成功する密の戦略