パパ活においては、盗撮の被害が後を断ちません。

盗撮された動画がインターネットに流出する事例もあるため、絶対に盗撮被害は避けたいですよね。

本記事では、パパ活における盗撮対策を紹介します。

パパ活をしている人はもちろん、これからパパ活をしようとしている人にも必見の内容です。

=>風俗からパパ活に移行する際の注意点~知らないとトラブルになるかも?

パパ活における盗撮のリスク

近年はスマホで簡単に撮影ができるのはもちろん、ペンや時計に内蔵された超小型カメラも普及しています。

全く気づかないうちに、相手から盗撮されてしまうパターンも多いです。

盗撮された動画は、相手が個人的に見るだけならまだしも、インターネットに流出させられてしまうパターンもあります。

一度動画がインターネットに流出したら、拡散を止める手立てはありません。

盗撮された動画が原因でさまざまなトラブルにつながる可能性もあるため、日頃から対策を実施しておくべきです。

パパ活における盗撮対策

パパ活をするにあたっては、以下のような盗撮対策を実施しておきましょう。

  • 自宅や予約済みのホテルには行かない
  • 相手の変な動きを見逃さない
  • 盗撮されにくい服を着る

それぞれの対策について、詳しく解説していきます。

自宅や予約済みのホテルには行かない

自宅や予約済みのホテルには、事前に隠しカメラが仕込まれている可能性があります。

見えない場所にカメラを仕掛けられたら、部屋に入ってから見つけるのは困難です。

パパ活においては、自宅や予約済みのホテルは避けましょう。

相手の変な動きを見逃さない

スマホや小型カメラで盗撮をしようとすると、必ず変な動きが生じます。

例えばバッグを何度も動かしたり、何かを隠そうとしたりする動きです。

少しでも相手の動きに違和感がある場合は、念のため早めに切り上げるようにしましょう。

盗撮されにくい服を着る

デート中の盗撮を避けるには、盗撮されにくい服を着るのが1番です。

具体的には、スカートを避けた服装を選びましょう。

どうしてもスカートを履きたい場合は、できるだけ長い丈のものを履いてください。

盗撮されたくないのであれば、服選びの段階で自衛することも大切です。

まとめ

パパ活においては、常に盗撮されるリスクが付き纏います。

しかし対策を実施しておけば、盗撮のリスクは軽減できます。

本記事で紹介した盗撮対策を実施したうえで、安全にパパ活をしましょう。

=>パパ活で乱暴や性的被害を受けないための対策