パート1では、パパ活と風俗を掛け持ちするメリットについて解説しました。

パート2では、パパ活と風俗を掛け持ちするデメリットについて解説します。

=>パパ活と風俗を掛け持ちするメリット・デメリット|掛け持ちは稼げるの?(パート1)

パパ活と風俗を掛け持ちするデメリット

パパ活と風俗を掛け持ちすると、以下のようなデメリットがあります。

  • 自由な時間がなくなる
  • お店での指名ランキングが下がる
  • お店のお客さんとはパパ活ができない
  • どちらかのモチベーションがなくなる可能性がある

自由な時間がなくなる

パパ活と風俗の両方を頑張ろうとすると、自由な時間はなくなります。

風俗に出勤しつつ、パパと約束を取り付けて出会うのは非常に大変です。

お金を稼いているのにお金を使う時間までなくなってしまったら、本末転倒ですね。

パパ活と風俗の掛け持ちは、時間的な余裕がなくなることを覚悟しておきましょう。

お店での指名ランキングが下がる

風俗店には指名ランキングがあり、たくさんの指名を獲得すると店頭やホームページで自分がプッシュされます。

指名ランキングを上げると、収入アップにもつながりやすいです。

しかしパパ活を始めると、お店への出勤は減ります。

結果として、指名ランキングが下がることになります。

指名ランキングにこだわりたい人は、風俗一本に絞った方がいいでしょう。

お店のお客さんとはパパ活ができない

風俗店に勤務している場合、お店に来たお客さんと店外で会うのは基本的に禁止です。

仲良くなったお客さんをパパ活に誘うのは、一見効率的に見える方法ですが、お店にバレると罰金や退店などの処分が下ります。

実際はお店に内緒でお客さんとパパ活をしている人もいますが、バレたときのリスクを考えると、店外デートは避けるべきです。

風俗で働いているからといって、パパ活相手を簡単に見つけられるわけではありません。

どちらかのモチベーションがなくなる可能性がある

パパ活にも風俗にも、向き・不向きがあります。長く掛け持ちをしていると、「パパ活の方が楽」「風俗の方が稼ぎやすい」などの考えが生まれてくるでしょう。

結果として、どちらかのモチベーションがなくなります。

パパ活と風俗の掛け持ちは、モチベーション的に難しいこともあります。

まとめ

パパ活と風俗の掛け持ちには、メリットとデメリットの両方があります。

メリットだけでなく、デメリットにも目を向けることが大切です。

メリットとデメリットの両方を踏まえたうえで、パパ活と風俗を掛け持ちするかどうかを決めましょう。

=>風俗とパパ活ってどっちがいいの?メリットを比較してみました!