近年はパパ活と風俗を掛け持ちする人も増えています。

パパ活と風俗の掛け持ちは、効率的に稼ぎたい人におすすめです。

しかし両者を掛け持ちするからこそのデメリットもあります。

本記事では、パパ活と風俗を掛け持ちするメリット・デメリットの両方を解説します。

パパ活と風俗を上手く組み合わせたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

=>パパ活、風俗などあらゆる方法を駆使してお金を貯める音大生の生き方!!

パパ活と風俗を掛け持ちするメリット

パパ活と風俗を掛け持ちすると、以下のようなメリットがあります。

  • 収入が安定する
  • 風俗で学んだノウハウをパパ活で活かせる
  • 体への負担を軽減できる
  • 生理の日でもお金が稼げる

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

収入が安定する

パパ活と風俗を掛け持ちすると、必然的に収入は増えます。

パパ活は太パパと出会えれば1日で大金を稼げますが、毎日デートの予定を入れることはできません。

しかしパパ活の予定がない日に風俗の出勤を入れることで、効率良く稼げるようになります。

とにかくお金を稼ぎたい人には、パパ活と風俗の掛け持ちがおすすめです。

風俗で学んだノウハウをパパ活で活かせる

風俗においては、さまざまな技術を学べます。

例えば相手を良い気分にさせる接客や、言葉遣いなどです。

お店によっては入店時に講習が用意されており、プロから接客のノウハウを学べることともあります。

そして風俗で学んだノウハウをパパ活でも活用すれば、男性を更に喜ばせることができます。

他の女の子との差別化にもつながるため、男性からの人気も得やすいです。

風俗とパパ活を掛け持ちする場合は、風俗のノウハウをパパ活で活かすことを意識しましょう。

体への負担を軽減できる

風俗は自分の体を使ってサービスを提供しますが、パパ活は肉体関係が必須ではありません。

風俗の連続出勤で疲れたらパパ活の予定を入れ、食事やショッピングだけで稼ぐという方法もあります。

体力的に風俗の出勤が増やせない人は、パパ活と上手く組み合わせて稼ぎましょう。

生理の日でもお金が稼げる

風俗の場合、生理の日は休むのが普通です。

生理が終わるまでは出勤ができないので、その間は稼げません。

しかしパパ活は食事やショッピングでもお金がもらえるので、生理の日でも稼げます。

生理の期間のみパパ活をするという稼ぎ方でもいいでしょう。

パパ活と風俗を掛け持ちすることで、生理で稼げない期間をなくすことができます。

=>風俗とパパ活は掛け持ちがおすすめ!メリットと注意点を説明します!