社会人でも、副業感覚でパパ活をする人が増えています。

とは言え会社に勤めていると、より身バレが心配ですよね。

万が一にも職場の人にパパ活がバレてしまったら、さまざまな不都合が生じます。

本記事では、社会人がパパ活をする際の注意点について紹介します。

社会人だけどパパ活をしたい人には、必見の内容です。

=>パパ活における身バレ対策6選! 誰にもバレずに稼ぐには?(パート1)

社会人がパパ活をするリスク

会社に勤めていると、パパ活がバレたときのリスクは大きいです。

職場に噂が広がってしまったら、当然働きにくくなってしまいますよね。

また規則が厳しい会社の場合は、何かしらの処罰が下ることもあるでしょう。

今まで通り会社で働きたいなら、パパ活における身バレ対策は実施しておきべきです。

社会人がパパ活をする際の注意点

社会人がパパ活をする際は、以下の点に注意しましょう。

  • 職場の近くでデートをしない
  • 仕事中はスマホの通知を切る
  • 顔写真を安易に公開しない

それぞれの注意点について、詳しく解説していきます。

職場の近くでデートをしない

職場の近くでデートをすると、パパ活相手と2人でいる瞬間を目撃されてしまうリスクが高まります。

特に職場付近の飲食店は職場の人も利用する可能性が高いので、パパ活においては利用すべきではありません。

パパ活をする際は、職場付近を避けてデートをしましょう。

仕事中はスマホの通知を切る

スマホ上に表示された通知で、パパ活がバレることもあります。

スマホにパパ活相手から届いたメッセージが表示され、それをふと職場の人に見られてしまったら、噂はたちまち広がっていきます。

少なくとも仕事中は、スマホの通知を切っておくべきです。

顔写真を安易に公開しない

顔写真はパパ活をしている決定的な証拠につながります。

ふとパパ活アプリやTwitterを覗いた職場の人が、自分の顔写真を見つけてしまう可能性もあります。

もし悪意のある人に見つけられてしまったら、職場で写真を広げられてしまうかもしれません。

社会人がパパ活をする際は、顔写真を公開しない方が安全です。

公開する場合は、メッセージのやり取りを繰り返した信頼のできる人のみにしましょう。

まとめ

社会人のパパ活は、身バレ対策をより徹底すべきです。

うっかり職場の人に目撃されたり、スマホを見られたりしないよう、細心の注意が求められます。

身バレ対策を実施して、安全にパパ活をしましょう。

=>【身バレ防止】パパ活のプロフィールにおける顔写真以外のおすすめ画像