パパ活においては、女の子を騙す詐欺が後を断ちません。

対策をしていないと、自分も明日は我が身です。

詐欺被害を避け、安全にパパ活をしたいですよね。

本記事では、パパ活で実際にあった詐欺事例とその対策について解説します。

パパ活をしている人はもちろん、これからパパ活を始めようとしている人にも必見の内容です。

パパ活で実際にあった詐欺事例

パパ活においては、過去に以下のような詐欺がありました。

  • やり逃げ
  • 食い逃げ
  • ネットビジネス・情報商材等への勧誘
  • 振込詐欺

それぞれの事例について、詳しく解説していきます。

【詐欺事例①】やり逃げ

ホテルで性行為をした後、女の子がシャワーを浴びている間に、男性が報酬を払わずに逃げてしまった事例です。

酷い場合は女の子がシャワーを浴びている間に財布からお金を抜き、そのまま逃げる男性もいます。

被害にあった後に相手から一方的に連絡を絶たれてしまったら、お金の回収も困難です。

=>パパ活でよくあるトラブル「やり逃げ」は被害届が出せない?風俗店との違い

対策

パパ活の報酬は、必ず先払いで受け取りましょう。

後払いの場合、報酬を必ず受け取れる保証がありません。

もし相手が先払いを拒むようなら、その場で解散すべきです。

また盗難対策のために、シャワーを浴びる際は財布を含めた貴重品をシャワー室に持ち込みましょう。

貴重品がシャワーで濡れないよう、ジップロックを携帯しておいてもいいですね。

出会って間もない男性ほど、警戒心は強めておくべきです。

【詐欺事例②】食い逃げ

2人で食事をしている最中、相手が席を外したと思ったらそのままいなくなってしまう事例です。

男性は「ちょっと電話してくる」「トイレに行ってくる」などのそれらしい理由を伝え、そのままいなくなります。

会計を済ませていなかった場合、自分が2人前の食事代を支払うことになります。

お金をもらうどころか、お金を支払うことになってしまうため、非常に悪質な事例ですね。

対策

男性が全ての荷物を持って席を外したら、食い逃げをしようとしている可能性が高いです。

「荷物は私が見ておくよ」「何で荷物まで持っていくの?」と声をかけ、そのまま逃げられないようにしましょう。

また初対面にも関わらず高級レストランに連れていかれたら、食い逃げを企んでいる可能性があります。

相手の素性が分からない場合は、まずはカフェやファミレスなどで顔合わせを済ませておいた方が安心です。

=>パパ活におけるトラブル事例6選|対策方法とともに紹介(パート1)