「まだ未成年だけど、パパ活でお金を稼ぎたい。でも、法律的に大丈夫なのかな…?」

未成年でも、パパ活でお金を稼ぎたいと思うことはあるでしょう。

しかし本当にパパ活をしても大丈夫なのかどうか、不安ですよね。

本記事では、未成年がパパ活をする違法性やリスクについて解説します。

パパ活に興味がある未成年の人は、ぜひご一読ください。

=>未成年とパパ活すると捕まるの?法律や危険性を解説!

未成年のパパ活は、パパ側が罪に問われる

まず未成年がパパ活で肉体関係を持つと、男性側が児童福祉法違反に問われます。

児童福祉法違反は未成年を守るための法律であり、10年以下の懲役または300万円以下の罰金の対象です。

なお「肉体関係を持たなければ良い」というわけではなく、未成年とパパ活をしていると、シチュエーションによっては誘拐罪になる可能性があります。

未成年とのパパ活は、パパ側が罪に問われます。

未成年がパパ活をした際の女の子側のリスク

未成年がパパ活をしても、女の子側は罪に問われません。

とは言え、女の子側にもリスクはあります。

具体的には、以下のようなリスクです。

親にバレる

未成年とのパパ活で男性側が逮捕された場合、女の子側の親には連絡がいきます。

よってほぼ100%、親にパパ活をしていたことがバレてしまいます。

自分が罪に問われずとも、親をガッカリさせたり、怒らせたりすることになってしまいますね。

親にバレたくないなら、パパ活は大人になってからにしましょう。

停学や退学の恐れがある

男性側が逮捕されたら、女の子の親だけでなく学校にも連絡がいきます。

パパ活が学校にバレたら停学、最悪の場合は退学にもつながるでしょう。

ちょっとしたお小遣い稼ぎのつもりが、大事になってしまいます。

まだ学生の場合、未成年のままパパ活をするのは非常にリスクが高いです。

変な人と出会いやすい

未成年とのパパ活は、男性側が罪に問われる可能性が高いです。

しかし男性側は、犯罪と知りながら女の子と会おうとしています。

そもそもの考え方が、常識から外れています。変な人と出会い、犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。

未成年のパパ活は、普通のパパ活よりも危険性が高いです。

まとめ

未成年がパパ活をしても女の子側は罪に問われませんが、さまざまなリスクがあります。

リスク面を考えるなら、絶対にパパ活はすべきではありません。

パパ活を始めるのは、18歳を迎えてからにしましょう。

=>パパ活は違法になるの?違法になる事例を法律的観点から解説