パパ活においては、約束の時間になっても相手が現れない「バックレ」のリスクが存在します。

バックレられると時間も交通費も無駄になるので、可能な限り避けたいですよね。

そこで本記事では、パパ活におけるバックレ対策について解説します。

パパ活におけるバックレが不安な人は、ぜひ参考にしてください。

=>パパ活で乱暴や性的被害を受けないための対策

パパ活で相手がバックレをする理由

パパ活でバックレをする男性には、何かしらの考えがあります。

具体的には、以下のような理由でバックレをしています。

  • 単なる冷やかし
  • 女の子が思ったより可愛くなかったから

それぞれ詳しく解説していきます。

単なる冷やかし

ただ女の子を困らせるのが目的で、当日音信不通になる男性もいます。

女の子が困る姿を遠目で見て楽しんだり、あるいは単なる暇潰しだったりと、嫌がらせの目的はそれぞれです。

いずれにせよ、こちらが一方的に困るだけなので非常に迷惑ですよね。

女の子が思ったより可愛くなかったから

待ち合わせ場所で女の子の顔を確認し、好みではないと判断してからバックレる男性もいます。

約束をしていたにも関わらず、自分勝手な理由でキャンセルされるのは不快ですよね。

とは言え、一目女の子を見てからお金を払うかどうか決めている男性がいるのは事実です。

パパ活におけるバックレ対策

パパ活におけるバックレを防止するためには、以下のような対策を実施しましょう。

  • 事前にしっかりとやり取りをする
  • プロフィール写真を盛り過ぎない

それぞれの対策について、詳しく解説していきます。

事前にしっかりとやり取りをする

事前のやり取りだけでも、相手が冷やかしかどうかはある程度判断できます。

真剣にパパ活をしようとしている人は、やり取りも誠実です。

一方で冷やかし目的の場合、メッセージのやり取りも適当に済ませます。

冷やかしを防止するためにも、事前にしっかりとやり取りしておきましょう。

プロフィール写真を盛り過ぎない

プロフィール写真を加工し過ぎると、実際に会ったときのギャップにつながります。

「思っていたより可愛くない」「写真とは別人」と思われてしまうと、相手はそのままバックレてしまうかもしれません。

パパ活で使うプロフィール写真は、過度な加工を避けましょう。

まとめ

パパ活において、バックレのリスクは0にはできません。

しかし対策を実施することで、バックレのリスクを減らすことはできます。

本記事で紹介した対策を実施したうえで、パパ活相手と会うようにしましょう。

=>パパ活における「顔合わせ」とは?確認すべきポイントも