「パパ活で稼ぎたいけど、パパは複数人とつながっておいた方がいいのかな?」

パパ活をするにあたって、パパを1人に絞るべきなのか、それとも複数人にすべきなのか、迷っている人は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、パパ活においてパパを1人に絞るべきなのか、それとも複数人にすべきなのかを解説します。

=>パパ活において最適なパパはどんな人?選び方を解説

【結論】パパ活のパパは複数人にすべき

結論から言うと、パパ活のパパは1人に絞るべきではありません。

パパが1人だけの場合、何らかの事情でその人と関係が切れてしまった場合、収入が0になるからです。

例えばパパが3人いれば、そのうち1人がいなくなっても、収入減によるダメージはさほど多くありません。

パパ活による収入を生活の基盤にしているなら、尚更リスク管理が求められます。

パパ活で安定して稼ぎたいなら、パパは1人ではなく複数人にしましょう。

パパ活で複数人のパパと付き合う際の注意

パパ活においては複数人のパパがいた方が安定して稼げますが、同時進行で進めるからこその注意点もあります。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 複数人パパがいることを公言しない
  • 肉体関係を持つ場合は性病に気を付ける

それぞれ詳しく解説していきます。

複数人パパがいることを公言しない

パパに対しては「他にもパパがいる」と堂々と伝えるべきではありません。

恋人感覚を味わいたくてパパ活をしている男性も多いので、他の男の影は嫉妬を招きます。

もし複数人のパパがいるのを隠し切れない場合は「他の人は遊びで、〇〇さんが1番だよ!」「〇〇さんと一緒にいるときが一番楽しい!」など、特別感を出すことを意識しましょう。

あくまでパパに対し、恋愛感覚を味あわせてあげることが大切です。

肉体関係を持つ場合は性病に気を付ける

性病のリスクは、不特定多数との性行為が増えるにつれ高まります。

性病は無症状のまま深刻化する場合もあるので、普段から気を付けておく必要があります。

肉体関係ありのパパ活をする場合、性病感染を避けるために、コンドームの着用を必須としましょう。

加えて定期的な性病検査も忘れてはいけません。

性病のリスクを把握したうえで、パパと肉体関係を持つようにしましょう。

まとめ

パパ活においては、パパを1人に絞るのではなく、複数人とつながっておいた方が安定的に稼げます。

複数人のパパがいれば、突然収入がなくなる心配もありません。

複数人のパパと上手く関係を築き、効率的にお金を稼ぎましょう。

=>パパ活を始める前に!知っておきたいパパ活初心者の4ステップ