「パパ活相手が既婚者だと知ってしまった…。このまま関係を続けたら、自分の立場も悪くなるのかな?」

既婚者でありながら、パパ活をしている男性は多いです。

万が一にも、自分がトラブルに巻き込まれるのは避けたいですよね。

そこで本記事では、既婚者とパパ活をした際、自分まで慰謝料を請求されるパターンとされないパターン、両方について解説します。

パパ活をしている全ての女性にとって、必見の内容です。

=>パパ活で金銭トラブルに合わないための対策案と具体的事例

相手が既婚者と知りながら肉体関係を持つと、自分まで慰謝料を請求される

法的に不倫が認められるのは、「既婚者でありながら、配偶者以外(=妻以外)と自由意思で肉体関係を持ったとき」です。

つまりパパ活においても、既婚者が妻以外と肉体関係を持つことは不倫に該当します。

ここで注意したいのが、妻側は不倫をした夫だけでなく、不倫相手に対しても慰謝料請求の権利がある点です。

相手が既婚者と知りながら肉体関係を持った場合、自分も高額な慰謝料を請求される可能性があります。

パパ活においては、相手が既婚者と分かった時点で肉体関係を避けるべきです。

パパ活で不倫慰謝料を請求されないパターン

一方パパ活においては、相手が既婚者でも不倫慰謝料が請求されないパターンが存在します。

具体的には、以下のようなパターンです。

  • 肉体関係なしのデート
  • 相手が既婚者と知らず肉体関係を持ったとき

ぞれぞれのパターンについて、詳しく解説していきます。

肉体関係なしのデート

相手が既婚者でも、肉体関係を持たず、ただ食事やショッピングをしただけなら、不倫には該当しません。

加えてキスやハグ、腕組みなどの行為についても、不倫の定義から外れます。

不倫が問われるのは、あくまで肉体関係があった場合のみです。

相手が既婚者と知らず肉体関係を持ったとき

相手が既婚者であると知らず、肉体関係を持ってしまった場合、自分は慰謝料請求をされる心配はありません。

正確には男性側のみ慰謝料請求の対象となり、騙されていた女性側は慰謝料請求を逃れることができます。

ただしパパ活相手が過去に一度でも既婚者であることを話していた場合は、自分も慰謝料請求の対象となるため注意が必要です。

まとめ

パパ活において自分も不倫慰謝料が請求されるのは、相手が既婚者と知りながら肉体関係を持った場合のみです。

ただし不倫慰謝料が請求されなかったとしても、既婚者とのパパ活はさまざまなトラブルにつながります。パパ活相手の妻が怒り、自分のところまで乗り込んでくることも考えられます。

安全にパパ活をしたいなら、既婚者を避けてパパを探すのが最も無難です。

=>風俗からパパ活に移行する際の注意点~知らないとトラブルになるかも?