パパ活は効率的に稼げる一方、トラブルも後を断ちません。

対策をしないと、明日は我が身です。

本記事では、パパ活で実際に起こったトラブル事例を紹介します。

トラブルに遭わないための対策方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

パパ活におけるトラブル事例6選

パパ活においては、過去に以下のようなトラブルが起こっています。

  • 無理矢理ホテルに連れ込まれる
  • 待ち合わせ場所に相手が来ない
  • 会計前に相手に逃げられる
  • 財布の中身を抜かれる
  • 報酬の支払いを渋られる
  • パパがストーカーになる

それぞれのトラブル事例を、対策方法とともにみていきましょう。

=>パパ活で金銭トラブルに合わないための対策案と具体的事例

【トラブル事例①】無理矢理ホテルに連れ込まれる

パパ活において、無理矢理ホテルへと連れ込まれ、襲われる事例は後を断ちません。

抵抗しようとしても、力は男性の方が上です。

またラブホテルの部屋は防音仕様なので、いくら叫んでも助けは来てくれません。

悪意のある相手にホテルの部屋まで連れ込まれたら、ほぼ逃げられないと考えておいた方がいいでしょう。

対策

無理矢理ホテルに連れ込まれないようにするには、デートでホテル街の近くを歩かないようにしましょう。

事前にホテル街の位置を調べておき、離れた場所でのデートを提案してください。

また車でホテルに連れて行かれる可能性もあるので、デートで車に乗るのもNGです。

どうしても車移動が必要なデートなら、タクシーや公共の乗り物を提案しましょう。

【トラブル事例②】待ち合わせ場所に相手が来ない

いわゆる「バックレ」も、パパ活においては非常に多いです。

待ち合わせ場所で女の子の顔を確認し、好みでなかったらそのまま連絡を断つ男性もいます。

また単なる冷やかしというケースも。

男性にバックレられると時間も交通費も無駄になるので、可能な限り避けたいですよね。

対策

バックレへの対策は、事前にきちんとした相手を選ぶしかありません。

やり取りが適当な男性は、避けた方が無難です。

返事がなかなか返ってこなかったり、写真やプロフィールなどの情報がなかったりする場合は、会う約束をしないようにしましょう。

【トラブル事例③】会計前に相手に逃げられる

高級なお店に行き、男性がトイレで席を外したら、そのままいなくなってしまう事例もあります。

お金を払ってくれる男性がいなくなってしまったら、女の子は自分でお金を払うしかありません。

高級なお店に行けば行くほど、自分へのダメージは大きくなります。

対策

初回のデートにおいて、高級なお店に行くのは避けましょう。

高級なお店に行けば行くほど、相手に逃げられたときの自分へのダメージは大きくなります。

支払い前に逃げられるリスクを考えるなら、初回のデートはファミレスやカフェなどを選ぶべきです。

=>パパ活におけるトラブル事例6選|対策方法とともに紹介(パート2)