「パパ活で稼ぎたいけど、身バレが不安。学校や職場で変な噂が流れたらどうしよう…。」
パパ活をするうえで、身バレは1番のリスクです。身バレが不安で、なかなかパパ活にチャレンジできない人も多いでしょう。

そこで本記事では、パパ活における身バレ対策を紹介します。パパ活における身バレを心配する人には、必見の内容です。

=>身バレリスクゼロ!仕事やライブついでの「東京遠征パパ活」のススメ

パパ活における身バレ対策6選

パパ活における身バレを100%防ぐのは難しいですが、対策をすればある程度はリスクを軽減できます。具体的には、以下のような対策を実施しましょう。

  • パパ活をしていることを誰にも言わない
  • 家・学校・職場付近でデートをしない
  • お金の使い方を急に変えない
  • パパ活用SNSアカウントを人に教えない・見せない
  • プライベート用SNSアカウントで匂わせをしない
  • パパに個人情報を教えない

それぞれの対策法について、詳しく解説していきます。

【対策①】パパ活をしていることを誰にも言わない

パパ活をしていることを人に知られたくないなら、誰にも口にしないのが大原則です。たとえ信頼のできる友達でも、100%内緒にしてくれるとは限りません。実際信頼していた友達に裏切られ、パパ活のことを周りにバラされたという事例は多々あります。

噂は一度広がってしまうと、取り返しのつかないことになります。身バレをしたくないなら、パパ活をしていることは自分の中だけに留めておきましょう。

【対策②】家・学校・職場付近でデートをしない

パパ活中、たまたま知り合いや友人に目撃されてしまうのはよくある話です。
相手が歳の近い男性であれば、「ただの友達」で言い訳ができます。しかし40〜50代の男性と一緒に歩いているのを見られてしまったら、さすがに言い逃れができません。

知り合いや友人に目撃されるのを防ぐには、家・学校・職場から離れた場所でデートをするのが1番です。移動が面倒ではありますが、デートの場所もしっかりと検討しましょう

【対策③】お金の使い方を急に変えない

お金の使い方が急に変わると、周りから「どうやってそんなに稼いでいるの?」と不思議な目で見られます。やがては「あの娘、パパ活してるんじゃない?」という噂が流れ始めます。

たしかにパパ活で大金を得ると、自分へのご褒美としてブランド物の服やバッグを買い漁りたくなるものです。しかし急に身なりが豪華になると、周りの人はすぐに異変を感じます。たとえパパ活でたくさん稼いでも、お金を使うのは少しずつにすべきです。

=>パパ活における身バレ対策6選! 誰にもバレずに稼ぐには?(パート2)