今回はパパ活が可能な年齢の限界についてまとめていきます。一体、何歳までパパ活を行うことは可能なのしょうか?パパ活の限界は30代まで?パパ側の心理もふまえて解説していきましょう!

=>「会わないパパ活」は実現可能?方法やメリット・デメリットを解説(パート1)

40代でもパパ活は可能!

実際の成功率でみると、パパ活の限界は30代が限界であると思います。
もちろん、40代でも見た目が若く、自分のアピールポイントを理解している女性はパパ活成功することがありますが、20代同様のお手当を要求しても交渉が成立しないことの方が多くなりますので、あらかじめの妥協は必要です。

高級クラブで働いている、芸能系の仕事をしているなど、付加価値が高い女性なら十分に交渉可能ですので、積極的にアタックしてみると良いでしょう!

意外にも30代はモテる!

パパ活の人口は圧倒的に20代の女性が多く、会員も20代に集中していますが、30代の女性をパパ活相手として求めている男性も意外に多いのです。

ポイントは落ち着きと色気。高級レストランや温泉旅行、ゴルフに連れていくのに、何をしたら良いのかわからない女の子よりも、落ち着いて振る舞える女性の方が、パパは気持ち良くその時間をすごくことができるのです。

パパ活というととかく体の関係だけがクローズアップされがちですが、いかにその時間を穏やかに過ごしたり、有意義に過ごすことができるのか考えている男性が多いのです。

自分の価値を高く見積もりすぎないように

30代でも40代でもパパ活は可能です。でも、20代の子と同じ土俵で戦うことは避けなければいけません。

顔合わせのご飯だけで高額な手当てを要求したりする行為は避けて、徐々にお手当を上げていくようなマネジメントをおススメします。年齢というデータだけではいったんどうしても負けてしまうのは受け止めて、プライドを高く持ちすぎず、良さを分かってもらえてから納得いく金額を引き出すのが大人のテクニックと言えるでしょう。

=>パパ活女子は職業寿命が短い?そろそろ限界かな…と思ったら?